背中ニキビ 炎症

背中ニキビの炎症を治すには角質層の奥から治す事

背中ニキビは皮脂が毛穴に詰まり、炎症を
おこしてる事が原因です。
炎症がひどくなると赤みが目立ってきます。

 

背中ニキビを短期間で確実に治すには、
肌表面だけでなく、角質層の奥から炎症を
抑える事が大切です。

 

背中一面に大量にできたニキビがあって、
目立ってる場合は、肌奥の角質層まで炎症が
到達してるから赤く消えないんです。

 

⇒内部と外部のW効果で炎症を抑えるクリーム

 

シミのようなニキビ跡になってる場合は炎症を抑える事から

 

背中のニキビがシミのようなニキビ跡に発展
してる場合は、炎症が角質層の奥まで到達し
てる状態です。

 

この状態になると、皮膚科の薬でも治すのは
非常に困難で、難しいのです。

 

皮膚科の薬には浸透力がありませんから、
肌奥の角質層の奥まで成分が届かないのです

 

だから、背中ニキビが悪化すると治らないと
言われるんですね。

 

⇒ニキビ跡でも大丈夫 使用者の9割が治した薬用クリーム

 

炎症した背中ニキビには薬用保湿を使う事

 

炎症して、赤くなった状態や、シミのように
茶色く跡が残ってるニキビ跡には、
水溶性プラセンタとグリチル酸が効果的。

 

水溶性プラセンタは浸透力が非常に高く、
角質層の奥まで到達します。
また、グリチル酸を同時に浸透させる事で
角質層の奥の炎症も簡単に抑える事が可能。

 

また、乾燥を防ぎ、奥から潤いを保つ事が
できるので、背中ニキビが早く消えます。

 

⇒消えない背中ニキビには専用の薬用クリーム